FC2ブログ

シリアのスポーツ

| EDIT

  『砲撃で亡くなったユセフ・スレイマン選手

 シリアの首都ダマスカスのスタジアムで先月、若いサッカー選手が砲撃の犠牲になった。反アサド政権のデモが始まってから2年がたった。この間、テロや銃撃で殺されたシリアのアスリートらは約30人にのぼる。終わりの見えない内戦は、スポーツにも大きな影を落としている

 ダマスカス中心部の約7千人を収容するティシュリーン・スタジアム。選手らが泊まる宿舎の庭に直径1メートル、深さ約20センチの穴が開いていた

 2月20日昼、砲弾が着弾し、近くの部屋にいたユセフ・スレイマン選手(25)の命を奪った。「ガラスが首に刺さり部屋は血まみれだった」と職員。……

スポンサーサイト



COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑