FC2ブログ

警視庁 情報通信局

| EDIT

  『情報通信

 警視庁・情報通信局
 
 飛躍的な発展を続ける情報通信技術は、あらゆる分野に応用され、今や国民生活の隅々にまで浸透しています
 例えば、携帯電話を使ったオークションへの出品、ブロードバンドによる映像コンテンツの視聴、ブログ等を利用した情報発信など、企業だけではなく、一般の利用者の生活領域にまで広く浸透しています。その一方で、社会の情報化は、新しい種類の犯罪を生み出し、従来型の犯罪にも多様化や巧妙化といった変化を引き起こしています。
 
 こうした情勢の下、情報通信局では、各種情報通信システムの整備・運用、情報の共有による警察活動の効率化の推進、そして近年急増するサイバー犯罪、脅威が現実のものとなりつつあるサイバーテロへの技術的対応等に取り組んでいます

 警察の情報通信は、警察活動における神経系統の役割を担うものであり、いつでも、どこでも常にその機能を確保する必要があるため、警察情報を伝達する手段としての通信網は、都道府県警察本部内はもとより、警察署、交番を含めた全国横断的な構成が求められ、全国的に統一した技術水準のもとで総合的、一元的に管理運営されています。

 具体的には、      警察 情報通信局

・ 警察庁、都道府県警察本部、警察署、交番、駐在所等を結ぶ通信網
・ 携帯用・車載用等の各種無線機により第一線警察職員の活動を支える通信網
・ 警察情報管理システム等の伝送路を構成するデータ通信網
・ ヘリコプターテレビ等で撮影した現場の映像を通信衛星を介し警察庁を始めとする全国の警察本部等へ
 伝送する映像通信網
等を構築しており、音声、データ、画像等、各種警察活動に必要な情報の伝送に使用されています
 
 また、事件、事故、災害等各種事案発生時には、事案認知後、機動警察通信隊が直ちに出動し、応急的な臨時通信施設を整備・運用することにより、第一線警察活動を円滑に遂行するのに必要な通信の確保を図っています。
 
 さらに、警察では、第一線警察官が必要なときに必要な情報を入手・活用し、様々な警察活動を迅速かつ的確に行うため、情報の管理については、犯罪情報、運転免許情報その他警察業務に関連する各種情報について、警察情報管理システムで管理しています。
                                       jyouhoutuusinnkyoku.jpg

 
 一方、情報化の進展とともに、サイバー犯罪が急激に増加し、その手口も悪質化、巧妙化しています
 
 また、一般の犯罪捜査においてもハードディスク等の電子機器が押収されることが常態となっており、犯罪捜査において、電子データの解析は重要な役割を担っています。中でも、押収してきた電子機器の電子データが削除、隠蔽、暗号化されている場合などには、その解析には著しい困難を伴うこともあります。
 
 このように捜査部門に高度な情報通信技術の支援が必要であることから、捜索差押現場での支援や押収してきた電子機器の電子データの解析等、都道府県警察の犯罪捜査と一体となった技術支援を行っています。
 
 加えて、重要インフラの基幹システムを狙い、国民生活や社会経済活動に重大な影響を及ぼすサイバーテロの脅威も現実のものとなっています。このため、サイバーテロの発生の未然防止、被害の拡大防止等を行うための監視・緊急対処体制を整備するなど、サイバーテロへの技術的な対応を行っています
                             
                            isirianomati.jpg

スポンサーサイト



COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑