FC2ブログ

息をひそめて~シリア革命の真実~

| EDIT

  『この国では最も危険な行為は自由という言葉を口にすることだ』

                     シリア地図

 『息をひそめて~シリア革命の真実~』は、ドキュメンタリー・シアターです

 シリアの内部で聞いたとおりの話に基づいた戯曲です。

 何千もの人々が拷問され、投獄され、傷つき、殺されています。この作品は、シリア内で経験されてきた、自由を求める生死をかけた戦いを力強く描いています。

 反乱について個人的な話を聞くために、ジャーナリストで受賞歴もあるポール・ウッド、ルース・シャーロック、演出家のゾフ・ラファティが、一緒になって密かにシリアを旅した。取材は、ジャーナリストの受け入れを禁止し、シリア人以外の移動を制限している法律を出し抜き敢行された。窒息しそうな圧政と恐怖の環境に身を置いて、彼らが話を聞いたのは、戦車や銃を目の前にする抗議者たち、自由シリア軍を作るために脱走してきた兵士たち、変化を夢見る活動家たち、さらにバシャー・アサド大統領を愛し、彼のいない未来を怖がる市民たちである

 聞いた話に基づいたシーン、インタビュー、談話を用いて、舞台『息をひそめて~シリア革命の真実~』は、人々が生き残ろうともがく、革命の混乱を描いている

スポンサーサイト



COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑