FC2ブログ

another voice

| EDIT

  『シリアのお酒事情


 ブログ「添てん」より        2011・4/7


シリアの多くはイスラム教徒
既に皆さんがご存知のように豚肉食とアルコールが禁止されている
しかし、シリアはキリスト教徒も多いので、飲酒については寛容らしい
(トルコもそうだよね)

ビールやワインを提供するレストランも多いし、お酒を売る店も多い
「まっすく゜な道」はローマ記念門を境にキリスト教徒が住む地区になるので
簡単に手に入るのだ
さすがにイスラム地区だとお酒を売る店は無かったけどね

シリアのお酒で有名なのが「アラク」
トルコの「ラク」、ギリシャの「ウーゾ」と同じ製法で、ぶどうから作る透明なお酒
アニスという香草で香り付けされていて、水や氷を入れると白濁するのが特徴

このお酒を見て、トルコやギリシャとも同じ食文化圏なんだなぁ~と、思った

地ビールといえば 薔薇だ いや、バラダ BARADA

   ビール


写真をよ~く見て欲しい
何か、おかしいところはないか

そう ! ! 泡だっていないのです (  ゚ ▽ ゚ ;)

ノンアルコールビールならぬ、ノン炭酸ビールなんです (=◇=;)
全てのバラダビールがノン炭酸と云うわけではなく、炭酸有りのもある
つまりシリアではビールの品質が安定していないようです

そこで、ある一定のレベルのレストランではバラダビールではなく
お隣の国レバノンのビールを提供しています

        レバノン  ↓
       ビール2


レバノンのビールは品質が安定しているので、当たりハズレがありません
シリアとレバノンはいろんな意味で交流があるようです

ビールに関しては、シリアにいながらレバノンも楽しめちゃいますよ

                                  

スポンサーサイト



COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑